最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    シンエイクを解説します!

    人気のシンエイクという成分は、塗るボトックス効果を生むと言われておりほんの2,3分でお肌を緩ませることでしわを減らす働きをするエイジングケア成分です。
    30代を超えるとお肌が縮んでしまうことでしわになるので、その肌をピンと伸ばすことでしわを失くすというわけです。シンエイクは毒蛇からできたと言った様に間違って解釈している消費者も多いと聞きます。ですが真実はヘビの毒の化学物質に似せて合成された人工のペプチドで、本当の毒素では無いのです。

    シンエイクはスイスの医薬品会社の「ペンタファーム社」によってリリースされた成分で、正式にはジ酢酸ジペプチドブチロイルベンジルアミドです。その希少性からハリウッド女優などに使われている成分でしたが、美容に敏感な韓国などで人気が出ているので、日本でも同様に急速に人気になりつつあります。当然ながら本物のヘビ毒とは異なり化粧品として配合することがダメだというわけでも副作用が出るわけでもないので心配なく利用できるでしょう。

    この美容成分シンエイクの長所は気になるしわのパーツなどに塗るとほんの1~2分で成果がはっきりと見える点です。

    ですが、短時間だけ筋肉部分を弛緩させているだけなので、美容整形のようにしわが消えてなくなるわけではありません。よく売れているシンエイク化粧品を使えば、8~12時間ほど、効力が続きますが、廉価なシンエイク製品を使った場合は数分~数時間で効果がなくなってしまうので、口コミが良くないです。

    シンエイク化粧品よりも長続きする方法の一つに「ボトックス注射」もあります。この注射の主成分はボツリヌスという微生物が作り出す「ボツリヌストキシン」でしわを伸ばす働きを有します。「ボツリヌストキシン」をじかに肌と筋肉の境に注射することで持続的な効果を手に入れることができるでしょう。おおかた、美容外科で注射を行う場合が多いみたいです。美容外科はお金がかかる、と、ボトックスに気が乗らない場合はシンエイク商品は大変評判が良いようですね。